病院用語

School Room of YesteryearSchool Room of Yesteryear / dok1


病院で使われるフランス語は普段使うことがないのですごく慣れません・・少しだけでも覚えておくか、メモして病院へ行った際に医師へ伝えると少しはスムーズに進むでしょう。尿の検査、血液検査、注射といったいろいろなことを行なうかもしれませんので、もし病院へ行く際はフランス語の辞書を持っていくことをオススメします。でも医療フランス語は一般のフランス語辞書ではあまり載っていないので、旅行中に使うフランス語の教材の方がたくさん載っている数は多いかもしれません。
私はフランスへ来てから膀胱炎と胃腸炎を年に1回は必ず起こしているので、この2つの症状に関するフランス語はなんとなくわかってきました!でももう病気にはできるだけかかりたくないです!!健康が一番ですね

病院「hôpitalオピタル」
医師「docteurドクトゥール」
産婦人科「gynecologue ジネコログ」
保険証「carte dassurance maladieカルトゥ ダスュランス マラディ」
処方箋「ordonnanceオルドナンス」
風邪「rhumeリューム」
インフルエンザ「grippeグリップ」
胃腸炎「gastriteガストゥリートゥ」
ねんざ「entorseアントルス」
食中毒「intoxicationアントクスィカスィオン」
血液型「type de sangティプ ドゥ サン」
痒み「démangeaisonデマンジェーゾン」


◆SPONSOR LINK◆

  • 札幌 スポーツジム
  • 車査定